完璧な安全確認をしてから首吊りオナニーを開始する

首吊りオナニーのやり方

首吊りオナニーのやり方は、まず必ず足がついてすぐに首吊りを解除できる場所でやることです。
ドアノブなどに長めに紐を取り付けるのがいいかもしれませんね。
そして、そこに首を通し姿勢を低くして程よく首が締まる状態に体重をかけて頸部を圧迫しながら意識が低くなってきたところでオナニーをするというものです。
生物は、命の危険を感じると子孫を残そうと本能的に働くので実は性欲が一気に増大して射精するときの気持ちよさが半端じゃないらしく一部のオナニー愛好家の中では絶大な人気を誇っています。

首吊りオナニーの特徴

一番の特徴は、やはり全オナニーの中でも最大クラスの危険を持っているということですね。
首吊り状態で本当に意識を失ってしまった場合、抵抗できなくなってそのまま頸部圧迫死してしまう可能性があります。
つまり、首吊りオナニーとは激しい快感を得ることができる代わりに死のリスクがついて回るという非常に危険なオナニーなのです。
なので、やるときはノリでやらずに確実な安全確認をしてからやるように入念に気をつけましょう。

首吊りオナニーの注意点

とにかく計画を細かくし、安全設計などを綿密にすることです。
オナニーで失敗する人の多くが、性欲に任せて勢いで思いついたことをやってしまうというケースです。
しかし、首吊りオナニーの場合は失敗すると最悪後遺症が残ったり死んでしまう場合もあるので失敗の結果が洒落にならないのです。
なので、首吊りの位置、体重のかけ方、紐の長さ万が一の土岐の緊急措置などあらゆる事態を想定して準備しましょう。