止めるタイミング時間が大事な寸止めオナニー

寸止めオナニーのやり方

やり方はとても簡単で、射精する瞬間までは通常の皮オナニーや亀頭オナニーと基本的に一緒です。
しかし、射精しそうになったらそのまま刺激し続けるのではなくそこでいったん刺激を完全に止めてしまうのです。
そして、射精の波が落ち着いてきたらまた擦って刺激を再開して、また射精直前に刺激を止めてというように射精するまで何度も寸止めをすることによってムラムラと性欲を高めながら刺激を強めるというものになります。

寸止めオナニーの特徴

一番の特徴は、何度も射精寸前まで快感を持っていき絶頂させないことで所謂賢者タイムを感じずに続けてオナニーをすることができるところですね。
ムラムラしていて、オナニーをし始める時は今日は連続でしてみようなんて思っていてもいざ射精してしまうと賢者タイムの訪れでやっぱりいいや、という風になってしまうような経験もあったかと思います。
しかし、これは最後の絶頂まで持っていかずに何度もその寸前までの快感を楽しむものなので、誰でも連続で長い間快感を味わうことができます。

寸止めオナニーの注意点

しかし、実は寸止めオナニーというのはあまりやりすぎると良くはないのです。
精巣が正常な射精を行わないせいで炎症を起こしてしまったり、勃起不全や射精障害といったような性的な機能障害を起こすこともあるんですね。
なので、寸止めオナニーというのは実は健康的にはあまりよろしくないのです。
なので、寸止めオナニーは時々刺激を味わうような形でやるのはいいですが頻繁にやりすぎてしまわないようにしましょう。