窒息オナニーでパニックを起こさないように心がける

窒息オナニーのやり方

首吊りオナニーのように、頸部圧迫をする場合もあるのですがこちらの場合意識を失うとそのまま首に一気に体重がかかって死亡の危険があるので安全性を考えるのであればビニール袋や水中などがお勧めです。
ビニール袋をかぶる、お風呂などに潜ると言った方法ならば、いざという時にすぐに窒息状態を解除することができるので、首吊りに比べると少しだけリスクが低いですね。
後は、脳を低酸素状態にしてぼーっとしたところまで持っていきながら射精することでより強い快感を感じることができ増す。

窒息オナニーの特徴

低酸素状態、つまり酸欠の状態だと意識がボーっとするわけですが柔道などで絞め技を食らったことがある人ならわかると思うのですが落ちる寸前というのはふわふわした意識の中で意識を失っていくという一種の心地よさがあるんですね。
そして、その中での射精というのは通常のオナニーよりも何倍も気持ちいいので、他では味わうことができないオンリーワンの快感があると言ってもいいのです。

窒息オナニーの注意点

とにかく死の危険を伴うものなので、安全はしっかりと確保した上で行うことです。
人間問いうのは、いざ何の準備もしていないで予想外の事態が起きるとパニックを起こしてしまうものですからね。
そうなると、冷静に対処していればできたはずのことができなかった結果取り返しのつかない事故につながることもあります。
なので、必ず窒息状態を即座に解除する準備をしておくこと。
そして、予想外のことが起きても落ち着いて対処することが大事なことなのです。