解放感がたまらない野外オナニー

野外オナニーのやり方

人気のいない場所、人がめったに来る事がないような場所をまずは探し出しておくことです。
そして、さらに人が来る事のない夜や深夜などの時間を選んでそこでペニスを曝け出して、屋外での開放的なオナニーを楽しむというような自然と一体化するような野性的なオナニーを楽しむだけです。
安全を確保する事が出来るのならば、下半身露出や全裸でオナニーをするのもありだと思います。

野外オナニーの特徴

一番の特徴は、何と言っても閉塞感のある部屋ではなく解放感のある野外でオナニーをするという事です。
当然ですが、周りに遮るものはなく風が吹いているという非常に開放的な空間でのオナニーをする事で、非常に自然的というか原子に帰るというような快感を感じる事が出来る所です。
そして、何より野外オナニーは射精をどこでもしてもいいし、後処理も特に必要がありません。
出したら出しっぱなしでそのまま帰ってしまってもいいので、非常に処理が楽です。

野外オナニーの注意点

一番気をつけなくてはいけないのが絶対に人に見つかってはいけないという事です。
野外オナニーは、人に見られてしまったら猥褻物陳列罪で逮捕案件ですからね。
折角気持ちいいオナニーをするためにやっているのに、逮捕されてしまっては楽しむどころの話ではありません。
なので、野外オナニーをする場所は人がめったに来ないような場所で時間帯であることも大事なのですが、遮蔽物があってとっさの時に身を隠す事ができる場所を確保する事が出来る場所を選んでおくと、より安全に野外オナニーを楽しめると思います。