逆手オナニーでお手軽なマンネリを回避する

逆手オナニーのやり方

利き手、つまりは普段オナニーをするときに使っている手とは逆のほうの手を使うだけです。
いつも使っている手と逆の手を使うだけ、という変化としてはそれほど大きなものではないのですが、利き手とは違う方の手を使うオナニーはどうしてもぎこちない動きになってしまいます。
やや拙い刺激になりますので、激しい快感こそないですが普段やっているオナニーとは感触的にはやや違う快感を得ることができます。
ただ、この逆手オナニーですがオナシートやオナホールを使うと違う種類の刺激という部分が半減してしまうので素手でやるのをお勧めします。

逆手オナニーの特徴

このオナニーの特徴は、慣れ親しんだ方の手と逆の手を使ってオナニーをすることによっておもに感触と動きによる違いを味わうk音ができることが挙げられます。
まず、感触についてですがこれは使う手が変わることにより扱くときの角度や手の握りこみが逆になるのでまるで人に扱いてもらっているような快感を得ることができます。
そして、動きも普段の慣れた動きと変わりますのでこちらも拙さが新鮮な刺激となるでしょう。

逆手オナニーの注意点

逆手オナニーは慣れていないことが一番のメリットなのですが、どうしても動きがぎこちなかったり力加減や扱き方の方向が変わったりするのでどうしても射精するまでに時間がかかってしまいがちです。
それを楽しむのであればいいのですが、早く絶頂したいあまりに強引に動かすと力が入りすぎて逆に痛くなるほど刺激を与えてしまうこともありますのでスローペースでやることがコツです。